社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年07月22日16:38 (北京時間) 文字

天津の市民が3年がかりで「鳥の巣」の模型製作


  天津市河北区建北里に住む孫振洪さんは、北京オリンピックを記念するため、3年を費やして、国家体育場「鳥の巣」と、広大なオリンピック景観大道などの精巧な模型を作り上げた。簡単な模型材料を使ったこれらの模型は、孫さんが参考資料などを見ながら作り上げたもので、実物の400分の1のスケールとなる。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。(編集YS)

  写真:展示された模型

  「人民網日本語版」 2008年7月22日



関連報道
「 外国人」の目に映る北京
「人民日報・人民網」の五輪用報道ブースが完成
北京五輪の選手村、27日から正式に開村へ
プーチン首相、北京五輪開会式に出席へ
BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]