南京に国内最大の郵便中継拠点を建設 8月に着工へ


  江蘇省郵政公司が先ごろ伝えたところによると、22億元を投資した中国貨運郵政航空?南京速達物流集散センターの第1期プロジェクトが8月に工事開始となる。完成後は国内最大の郵便物中継拠点となり、1日に処理可能な郵便物は87万点に達する。「新華網」が伝えた。

  江蘇省郵政部門によると、同センターは来月から建設が開始され、来年8月に第1期の建設が完了、9月から使用開始となる。完成すれば、ボーイング737型機を主な機種とする飛行機17機を有し、南京を中心とした国内航空路線17本と国際線2本、自動車による配送ルート28本を持つ速達郵便ネットワークが形成され、南京は国内最大の郵便物中継処理拠点となる。(編集YH)

  「人民網日本語版」2008年7月22日




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]