天津の市民が3年がかりで「鳥の巣」の模型製作


  天津市河北区建北里に住む孫振洪さんは、北京オリンピックを記念するため、3年を費やして、国家体育場「鳥の巣」と、広大なオリンピック景観大道などの精巧な模型を作り上げた。簡単な模型材料を使ったこれらの模型は、孫さんが参考資料などを見ながら作り上げたもので、実物の400分の1のスケールとなる。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。(編集YS)

  写真:展示された模型

  「人民網日本語版」 2008年7月22日




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]