社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年07月23日13:31 (北京時間) 文字

広西で炭鉱浸水事故 13人を救出、7人を遺体で発見


  広西チワン族自治区百色市の右江鉱務局那読炭鉱で21日午後3時半頃、坑道掘削現場が浸水する事故が発生した。この事故で炭鉱労働者49人が坑内に閉じ込められた。鉱山救助隊の捜索を経て、22日午後6時までに13人が救出され、23日午前0時までに7人が遺体で発見された。現場では残る29人の捜索が全力で進められている。

  那読炭鉱は以前、百色市田東県の国有企業に属していたが、1996年に右江鉱務局に合併された。03年2月には、生産システムの改修と拡張を経て、新たに操業を開始した。現在は右江鉱務局の8カ所ある鉱山のうちの1つ。低ガス坑道に属し、正式な操業許可を経ている。

  国家安全生産監督管理総局の王君・局長と国家炭鉱安全監察局の趙鉄錘・局長は21日夜、作業チームを率いて現場に到着し、広西自治区政府の指導者と共に、緊急修理?人員救援活動を開始した。閉じ込められた作業員の救出に全力を尽くすようにとの指示がなされた。

  坑内では現在、救援チーム10組と交通部南中国海救援局の合わせて100人以上が救出活動を続けている。現場に酸素を送るため、すでに2000メートル以上の通気筒が設置された。(編集MA)

  「人民網日本語版」2008年7月23日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]