社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年07月23日13:47 (北京時間) 文字

昆明バス爆破事件 情報提供者に10万元


  昆明市公安局は22日午後に記者会見を開き、21日に発生した公共バス爆破事件について調査の進展を紹介した。昆明市副市長を兼任する公安局の杜敏・局長は「今回の爆破事件は西蔵(チベット)独立勢力によるものや、五輪に対するものであるという証拠は見つかっていない。公安当局はそう時間をかけずにこの事件の真相を明らかにする自信と能力がある。バス爆破事件解決につながる情報の提供者には昆明警察当局が10万元を謝礼として支払う」と発表した。

  雲南省と昆明市の公安当局は7チームからなる特別調査グループを設け、事件の調査と関連業務を全面的に展開し始めた。公安部が派遣した専門家は事件発生日の夜にも現場検証を行い、公安当局は昆明市内、特に重要な場所や市民が集まる場所でのパトロールを強化している。

  この公共バス連続爆破事件は昆明市で21日に発生し、乗客2人が死亡、14人がけがを負った。けが人は全員、生命の危険を脱したものの、うち重傷者1人が現在も重症病室に入っている。けがが軽かった1人はすでに退院したという。(編集KA)

  「人民網日本語版」2008年7月23日



関連報道
昆明市で公共バスが連続爆発 2人死亡、14人けが
昆明バス連続爆破事件、爆薬は硝酸アンモニウム
昆明市バス爆発事件 空港などで防犯措置強化
BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]