社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年07月23日16:39 (北京時間) 文字

重慶市、人民代表大会会議を一般市民が初傍聴


  重慶市の第3期人民代表大会常務委員会・第5回会議は22日、市民35人を初めて傍聴に招待した。市民らは地方の最高権力機関が法に基づき職権を行使する厳粛な場面を目の当たりにした。重慶市は今後、人民代表大会各会議の一般市民による傍聴を慣例として定着させ、制度化も図る方針だ。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

  市人民代表大会は会議招集の20日前に、メディアを通じて一般市民を傍聴に招待。300人余りの希望者の中から、無作為で35人を選んだ。選ばれたのは労働者、農民、教師、弁護士、失業者などで、最年少は18歳、最年長は67歳。当日、議場には専用の傍聴席が設けられ、傍聴者は各1枚の「建議紙」を与えられた。これに意見や提案を書くと、関係ルートを通じて担当部門での処理に回される。

  人民代表大会の担当者は一般市民を傍聴に招待した理由について「市民の知る権利と参与権を保障し、市民が政治に参加し、政治を論じるルートを拡大するため」と説明。「傍聴そのものが最も実際的で効果的な民主法制教育」と強調し、人民代表大会各会議の一般市民による傍聴を慣例として定着させ、制度化していく方針を明らかにした。(編集NA)

  「人民網日本語版」2008年7月23日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]