社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年07月23日17:34 (北京時間) 文字

新疆伊吾県の皆既日食、観測成功率87% 8月1日


  新疆ウイグル自治区伊吾(アラトゥルク)県葦子峡郷での「8.1」皆既日食観測ツアーが28日、現地に向けて出発する。ツアーに参加するのは上海の天文愛好家54人。上海天文台関係者によると、葦子峡での皆既日食は2分1.5秒持続し、午後7時7分35秒から同9分37秒まで観測され、太陽の高度は19度前後となる予測だ。「新聞晨報」が伝えた。

  観測者らは上記の予測に対し、皆既日食の時刻がちょうど日の入り時刻にあたるため、わずか19度の高度で観測が可能かどうかを心配している。これについて中国科学院国家天文台の汪克敏・副台長は21日、専門的見地から、地平線からの高度10度以上の場合、観測に支障が出ることはないとの見方を示した。すべての条件を総合的に考慮すると、伊吾県が最も理想的な観測点となるという。(編集HT)

  写真:皆既日食(資料)

  「人民網日本語版」2008年7月23日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]