解放橋、30年ぶりに開閉が再開 天津


  80年以上の歴史を持つ天津の解放橋ではこのほど、建造当時の姿を忠実に復元する改修工事が終了、跳開橋としての機能も元通りに回復した。

  1927年に建造された同橋は、初めは万国橋と呼ばれていた。全長96.7メートル、高さ5.5メートル、幅19.5メートルで、自家発電により開閉が可能だったが、鋼の橋梁のさび、伝導システム、電力システムの老化などにより、1973年を最後に開閉することはなかった。(編集SN)

  「人民網日本語版」2008年7月24日




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]