社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年07月25日11:08 (北京時間) 文字

8月8日に離婚届が出せない? 四川省達州市 


  8月8日の結婚届提出の予約が各地で殺到している。結婚届を優先させるため、四川省達州市の通川区婚姻登記処は8月8日、離婚届は取り扱わないことを決定した。これついて、四川省民政庁婚姻収養登記管理処は「これが事実なら、是正しなければならない」とした。「新京報」が伝えた。

  2008年8月8日(旧暦7月8日)は北京五輪開幕日にあたる。達州市では大勢のカップルが結婚届を出す日にこの日を選んだ。同婚姻登記処のケ朝暉・主任は「掌握している状況によると、8日8日当日は結婚届を出しに来るカップルが殺到する。この日は全職員総出で対応する予定だ」と紹介し、「また、離婚届は取り扱わない。結婚届だけを受け付ける」と表明した。

  「8月8日に離婚届が出せない」という決定をめぐり、すぐさまインターネット上でさまざまな論争が飛び交った。成都市では「成都でも当日結婚ピークとなるが、離婚届は出せるのか」といった市民からの問合せが相次いだ。これに対し、成都市民政局社会事務処の胡鴻氏は24日、「成都市では結婚届も離婚届も出せる。結婚する人が多いからといって、離婚を受け付けないことはない」と明らかにした。市民政局はこれについて特別に詳細規定を設け、結婚届が多い理由で、離婚届を受理しないことは許されない、といった内容の通達を出したという。(編集KA)

  「人民網日本語版」2008年7月25日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]