社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年07月27日13:50 (北京時間) 文字

五輪初、性別検査センター設置へ 7日で結果判定


  協和医院は26日、「北京五輪・性別検査センター」の設立準備が整ったことを明らかにした。性別検査センターの設立は五輪史上初めて。「京華時報」が伝えた。

  国際オリンピック委員会(IOC)が北京五輪に出場した女子選手の性別に疑問をもった場合、この性別検査センターで鑑定が行われる。初歩的な結果は3日後に判明し、正式な報告は7日後に発表されるという。

  北京五輪性別検査を担当する田秦傑氏によると、ほとんどの種目では力やスピード、持久力、瞬発力の上で女子よりも男子の方が勝っている。陸上各種目の記録をみても、男女の選手ではその成績に10〜18%の開きがあり、種目によってはその差が20%にも広がる。

  男女選手の生理的な違いは成績に影響するため、過去にも男子が女子選手のふりをして競技に出場したケースがあった。このため上位に入賞した女子選手には性別検査をする必要性がある。

  国際スポーツ協会は1966年に性別検査を導入、女子種目に出場する選手の性別を確定し、その公平性を保ってきた。(編集KA)

  「人民網日本語版」2008年7月27日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]