社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年07月28日11:18 (北京時間) 文字

中国の退役軍人、北京五輪中の全世界休戦を訴える


  中国の退役軍人約100人が27日午前、北京の長城のふもとにある千年の古刹・和平寺に集まり、「オリンピック期間の全世界休戦」を呼びかけ、「天下大同、永遠に戦のない世」を祈る「中国退役軍人平和宣言2008」を発表した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

  中国の退役軍人は、平和・友情・団結の精神を象徴する北京五輪の開幕を前に、平和宣言を読み上げ、「平和祈願碑」の除幕を行い、平和のハトを放ち、平和の木を植え、平和の鐘を鳴らすといった活動を通じて、平和を切望し、平和を守り、調和世界の建設を推進するとの良き願いを存分に表現した。全人代常務委員会の許嘉ロ元副委員長が平和の碑に碑文を寄せ、全国政協の趙南起元副主席が活動に題辞を寄せた。ロシアやブルガリアの駐在武官も活動に参加した。

  午後に行われた退役軍人30人余りと外国の友人による「退役軍人平和フォーラム」では、「中国の平和発展と新たな国際関係」「中国古代の平和・調和思想の淵源と発展」などに話が及び、一致して「中国退役軍人平和宣言2008」への支持と共鳴を表明した。(編集NA)

  「人民網日本語版」2008年7月28日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]