社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年07月28日16:30 (北京時間) 文字

北京五輪、大気改善にさらなる措置も


  北京市環境保護局の杜少中副局長は27日の会見で、北京五輪開催期間中の大気汚染抑制に自信を示す一方、「極端にマイナスの条件に面した場合は、さらに厳しい措置も取る」と表明した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

  北京の大気汚染は9年連続で改善されている。特に今年上半期は総合的な排出削減措置もあり、一層の改善が見られた。基準を満たした日数は昨年同期と比べて15日(69.6%)増えている。北京五輪期間に入り、7月1日から始まった排出量の多いイエローナンバー車両と外地のイエローナンバー車両の通行禁止、20日から始まった奇数・偶数ナンバー別通行規制のほか、重汚染企業には基準からさらに30%の排出削減を課す、影響の大きな企業の生産停止といった、臨時措置も取っている。大気中の 浮遊粒子状物質の汚染が大きな問題だが、8月の気象条件は全体的に汚染物質の拡散に有利と見られる。

  杜副局長は「私たちには公約を果たし、オリンピック期間中に良質な大気を確保する自信がある。だが極端にマイナスの気象条件に面し、汚染物資の拡散が難しくなった場合は、さらに厳しい措置を講じるだろう。これらの措置はこれまでの措置と同様に、順を追って実施する必要がある。現在準備を進めている」と述べた。

  北京市は五輪立候補時、大気の質について(1)二酸化硫黄、一酸化炭素、二酸化窒素、PM10(10ミクロン以下の粒子状物質)を毎日観測する(2)全年の大気改善に尽力する(3)大会中、4つの主要汚染物質を国の基準と世界保健機関(WHO)の指導値以下に抑え、良好な大気の質を確保する――の3つの公約を示した。すでに(1)と(2)は完全に達成されているが、(3)については実際の開催時の検査が必要だ。

  最近、天候がどんよりとして呼吸がスムーズでないと人々が感じていることについては、北京市気象局気象台の郭虎局長は「大気中の水蒸気量の多さが主な原因。大気の質の善し悪しは快晴が基準ではない」と説明する。(編集NA)

  写真:奇数・偶数ナンバー別通行規制を実施して、北京の大気はある程度好転した。

  「人民網日本語版」2008年7月28日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]