社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年07月29日11:32 (北京時間) 文字

中国は世界遺産の数で世界3位 保護事業も着実に前進


  中国にある世界遺産の数は文化遺産26件、複合遺産4件、自然遺産7件の計37件で世界3位。保護事業も着実に進んでいる。住宅・都市農村建設部、文化部、国家文物局など関係部門の担当者が28日、「2008北京国際プレスセンター」で記者会見を開き、内外記者の質問に答えた。

  中国では有形文化遺産は移動の可否で分類され、移動不可な文化財の保護事業が着実に進んでいる。西蔵(チベット自治区)の3大重点文化財保護事業はほぼ完成し、故宮の大規模な修築も進行中。「工業遺産」「文化コース」「20世紀遺産」など新たな文化遺産保護事業も進められており、「西気東輸」「青蔵鉄道」などの国家重点プロジェクトに合わせた考古学事業も無事完了。高句麗遺跡、殷墟、開平チョウ楼、福建土楼なども相次いで世界遺産に登録された。現在までに移動不可な文化財40万件余り、各級文化財保護単位7万件余りが登録されている。中国にある世界遺産の数は文化遺産26件、複合遺産4件、自然遺産7件の計37件で世界3位だ。

  移動可能な文化財は2400余りの博物館に計2000万件以上を所蔵。民間の文化財収集も急速に発展している。文化財の収集家は全国に7000万人以上いる。文化財の競売会社も243社あり、昨年の総成約額は240億元に達した。

  無形文化遺産の保護でも、中国は貴重で消滅に瀕した無形文化遺産の緊急保護を進めてきた。06年5月に発表した第1期国家無形文化遺産リスト518件に続き、国務院は今年6月に第2期国家無形文化遺産リスト510件を発表、さらに計147件を第1期国家無形文化遺産リストに追加した。

  風景名勝区の発展計画・政策面では、国家風景名勝区の数はすでに187カ所に達し、国土の1%を占めている。国家歴史文化名都市は109カ所、中国歴史文化名鎮・名村は157カ所ある。24カ所の風景名勝区と歴史文化名都市(鎮・村)、都市園林が世界遺産に登録されている。(編集NA)

  「人民網日本語版」2008年7月29日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]