社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年07月29日13:11 (北京時間) 文字

福田首相、震災復興経験を中国と分かち合う意向


  日本の福田康夫首相は28日夜、与党自民党が東京のホテルニューオータニで開いた「四川大地震復興激励レセプション」に出席し、震災復興経験を中国と分かち合い、中国を支援していく意向を表明した。新華社が伝えた。

  福田首相は「日本は地震多発国で、中国も自然災害の多発国。困難に遭った時、両国は互いに学び、助け合うべきだ」と述べた。福田首相はまた、間もなく開幕する北京五輪の成功を祈った。

  四川大地震後の復興事業で要員の育成を担当する住宅・都市農村建設部の仇保興副部長は、日本政府と日本国民からの支援に謝意を表明。「復興要員は日本滞在で、日本の豊富な震災復興経験だけでなく、省エネや環境保護のノウハウも学び、復興の過程で科学的発展観を実行に移し、環境にやさしい新しいタイプの都市と農村を建設していく」と述べた。

  このほかレセプションには、森喜朗元首相、自民党の伊吹文明幹事長、二階俊博総務会長、谷垣禎一政調会長、公明党の太田昭宏代表、泉信也内閣国家公安委員会委員長兼防災大臣、および日本で研修を積むすべての復興要員が出席した。

  復興要員は中日両国の合意に基づき、中共中央組織部が派遣。四川省、甘粛省、陝西省などの被災地、および住宅・都市農村建設部、国家発展改革委員会、国家外国専門家局など関係部門から選ばれ、27日に東京入りした。(編集NA)

  「人民網日本語版」2008年7月29日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]