社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年07月29日16:57 (北京時間) 文字

五輪の各競技会場は環境にやさしい「エコ建築」


  出場選手に清潔な環境を提供し、五輪開催による環境への悪影響を出さず、五輪招致の約束事である「エコ」を実現するため、五輪科学技術委員会や五輪組織委員会の担当部門などはこれまで数多くの環境にやさしい新技術を活用し、各競技会場を「グリーンな建物」に仕上げた。北京市科学技術委員会の楊偉光副主任が28日、北京国際プレスセンター(BIMC)で行われた「五輪事業における環境にやさしい新技術」の記者会見で紹介した。

  五輪建設に使用された材料の技術基準と環境基準はすべて国家建築材料測定センターが編集した「五輪事業環境保護指南・エコ建材」に照らして定められた。これらの基準は強制的な国家基準10項目の基礎の上に、さらに適度に高めたものを採用。清華大学中国建築科学研究院を中心とするチームがエコと持続可能な発展の目標を達成する五輪建築を目指し、国内最初となるエコ建築の評価論証体系――「エコ五輪建築評価体系」を完成させた。

  初歩的な統計によると、五輪事業の中で環境に考慮した事業は約190項目にのぼり、すべて最先端の実用的な選りすぐりの技術を採用した。選手村と国家体育館だけをみても、最新鋭の技術をそれぞれ36項目と26項目も応用している。選手村には国内初となる再生水を利用した熱ポンプシステムを採用。これだけでも年間6000万キロワット時の節電となり、また騒音や排気ガスの汚染から選手村の住民を守ることもできる。

  「集中型と分散型を集約した汚水処理法を導入したことで、競技会場における汚水の再生利用率は100%に達した」と楊偉光氏は紹介する。各競技会場では水資源の総合利用と節水施設を中心に、これまでにない成果を実現した。(編集KA)

  「人民網日本語版」 2008年7月29日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]