社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年08月01日16:21 (北京時間) 文字

河南省、地方法規の制定に民意を反映(1)


  河南省人民代表大会常務委員会はこのほど、09年〜13年の地方法規制定に民意を反映する計画事業の進展状況について記者会見を行い、農業を営む侯俊卿さん(55)が記者の前で堂々と、自ら提案した12項目の地方法規を詳しく説明した。1時間余りの記者会見で、侯さんの発言は40分以上に及んだ。「鄭州晩報」が伝えた。

  侯さんは02年以来、民衆が解決を求めている問題を集め、整理してその資料を政府部門に届けることを生活の一部としてきた。今回の省人民代表大会では地方法規として20案を提示し、最終的に12案が採用された。

  ▽2カ月で300人に調査

  河南省人民代表大会常務委員会は記者会見で今年4月1日、省全域から地方法規への意見を公募すると発表。

  この発表から意見提出の締切日までわずか2カ月の間に、侯さんは農村協力医療に関する意見をまとめるため、村の病人を大勢訪ね、市内にまで足を運んで各病院の医師や患者、それに市民の声に耳を傾けた。

  「わたしはどんな意見書でも『法規の名称・法規制定の根拠?解決の必要な問題』の3部分に分けて書き上げます。意見書を執筆するため、この短い2カ月の間に300人以上の声を聞きました」と侯さん。昼間に集めた意見を夜に整理するため、睡眠時間は毎日4、5時間しか取れなかったという。「寝たいが、興奮して眠れないんだ。いい考えが浮かべばすぐに書き留めておきたいからね」とその思い入れを話す。(編集KA)

  「人民網日本語版」2008年8月1日



関連報道
河南省、地方法規の制定に民意を反映(2)
BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]