社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年08月04日16:24 (北京時間) 文字

五輪で変貌を遂げた都市・北京(5)胡同まで整備


  五輪建築に関する論争が繰り返される一方、比較的小さな計画や建築は、少しずつ確実に北京を変えていった。2006年に北京市西第2環状道路の整備作業がスタート、沿線の旧式ビルは新しく塗り替えられ、全く新しく生まれ変わった。住居の窓は無料で2層ガラスのアルミニウム合金窓に交換され、あらゆる広告看板は計画に基づき一新された。

  北京市城規画協会の趙知敬・会長は、「街道(通り)に対する計画設計はこれが初めて」と語る。

  趙会長は建国50周年(1999年)時に、北京のメーンストリート「長安街」の総合整備を担当したことがあるが、「五輪開催に向けて実施する街道設計は、当時の長安街整備に比べより力が入っている」との印象を述べた。

  その後、西第2環状道路の整備方案が推し進められ、北京の街道にさらに秩序がもたらされた。

  旧市街区域の胡同(路地)も変わりはじめた。7月初め、東城区にある大経廠胡同西巷23号では、住宅全体が全面改装され、居住者が新居の片づけを行っていた。

  住民の劉さんは新居について、「元の家を復元した感じだ」と語る。住まいの広さは変わらないが、床は10センチ高くなり、壁の厚みも増したという。

  大経廠胡同は北京の中軸線東側にあり、西へ曲がると中軸線に至り、まっすぐ北へ進むと「鳥の巣」(国家体育場)とオリンピック公園に着く。その道中、古いもの、現代的なもの、そして自然に出会うことができる。

  「鳥の巣」から胡同にいたるまで、すべてが変化の波を受けた。

  前出の趙知敬・会長は、「五輪は北京の都市発展を推進した」と語る。

  かつて、これは予言にすぎなかった。(編集KM)

  「人民網日本語版」2008年8月4日



関連報道
五輪で変貌を遂げた都市・北京(4)破棄された構想
五輪で変貌を遂げた都市・北京(3)斬新的な建物
五輪で変貌を遂げた都市・北京(2)2つの選手村
五輪で変貌を遂げた都市・北京(1)変化と不変
BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]