社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年08月05日14:20 (北京時間) 文字

北京で血液管理システム始動 五輪の血液需要を保障


  北京市血液管理情報システムが、国家衛生部、全国輸血協会の専門家の検査を経て、正式に使用できるようになった。このシステムにより、五輪期間中の医療用血液の安全が確保され、また、最先端の管理により、需要を満たす血液提供が十分かつ継続的に行われることになる。北京市衛生局の報道センターが4日、明らかにした。中国新聞社が伝えた。

  同システムは、血液に関する業務情報を双方向的に伝達でき、血液を扱う医療機関は主としてインターネットを使って予約ができる。電話での予約方式はなくなる。

  北京市衛生局の専門家は次のように説明した。

  情報システムを通して、直ちに各血液センター、血液を扱う医療機関の血液在庫情報が把握でき、市全体の採血計画や血液の手配のために、データを提供することができる。また、献血の提供者から必要とする人までの追跡調査や不適合反応などの管理を行う。

  このほか、街頭の採血車では、無線を通じて市全域の献血者の身元データが検索でき、献血に不適応な人の再献血を防ぎ、また献血の間隔が十分でない採血を頻繁に行う現象を制限する。(編集YS)

  「人民網日本語版」 2008年8月5日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]