社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年08月07日10:39 (北京時間) 文字

新「外匯管理条例」国務院が公布


  国務院の温家宝総理がこのほど第532号国務院令に署名したことを受けて、修正後の「中華人民共和国外匯管理条例」が公布・施行された。外国為替の管理を強化し、国際収支のバランスを促進し、国民経済の健全な発展を促すのが狙い。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

  条例は次の主原則を踏まえて制定された。

  (1)改革開放の方向性を堅持し、ここ数年の経常項目、資本項目、外為市場、人民元レート形成メカニズムなど各方面の改革の成果を取り入れつつ、今後のさらなる改革をにらんで政策的余地を残しておく。

  (2)マクロ調整の重点を踏まえ、国際収支バランスの促進を目標に据え、外貨資金の流入・流出のバランス調整と管理の規範化を進める。

  (3)公平な競争環境を創出し、国内資本企業と海外資本企業との間、国有系企業と民間企業との間、機関と個人との間の待遇の格差を解消し、取引の内容に即して監督管理を行う。

  (4)行政管理の体制改革や法律に基づく行政の必要性を踏まえ、外為管理の内容、方法などに関する規定の改善を進め、貿易投資の利便化を促進し、行政権力に対する監督と制限を強化する。

  今回発表された新条例は旧条例を全面的に修正したもので、▽貿易投資活動の一層の利便化▽人民元レート形成メカニズムと金融機関の外為業務管理制度の改善▽国際収支の緊急保障制度の構築▽国境を越えた資金流動の監督・モニタリングの強化▽外為の監督管理の方法・措置の調整▽関連する法的責任の明確化――などが狙いとされた。(編集KS)

  「人民網日本語版」2008年8月7日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]