動画

観光名所

秦始皇帝兵馬俑博物館

					秦始皇帝兵馬俑博物館は臨潼区の秦陵鎮に位置し、秦の始皇帝を埋葬する際に副葬された兵馬俑の遺跡に…

秦始皇帝兵馬俑博物館

秦始皇帝兵馬俑博物館は臨潼区の秦陵鎮に位置し、秦の始皇帝を埋葬する際に副葬された兵馬俑の遺跡に…

華山

					華山(古くは西岳と呼ばれた)は華陰市内に位置し、西安市から120キロ離れている…

華山

華山(古くは西岳と呼ばれた)は華陰市内に位置し、西安市から120キロ離れている…

陝西省の気候

 狭い拡大する 2012年04月11日15:10
 陝西省は大陸の季節風による気候影響を受け、縦長で南北800キロ以上に達するため、南北間の気候差が激しい。万里の長城周辺から北の地域は温帯の乾燥した気候、陝西北部のその他の地域と関中平原は暖温帯の半乾燥もしくは半湿潤気候、陝西盆地は北アジアの熱帯湿潤気候、山間部のほとんどは暖温帯の湿潤気候に属する。

 陝西省の気温は南部から北部に移るにつれて下がり、年間平均気温は7〜16℃。うち陝西北部は7〜11℃、関中は11〜13℃、陝西南部の浅山河谷は全省で最も温暖な地区で14〜15℃。季節風の影響を受け、夏は熱く冬は寒く、四季がはっきりしている。最も寒い1月の平均気温は、陝西北部が−10〜4℃、関中が−3〜1℃、陝西南部が0〜3℃。最も暑い7月の気温は、陝西北部が21〜25℃、関中が23〜27℃、陝西南部が24〜27.5℃。春と秋は気温が急激に変化し、夏は南北の気温差が小さく、冬は南北の気温差が大きい。

 年間降水量は南部が多く北部が少なく、南部から北部に移るにつれて減少し、山間地の地形による影響が顕著である。年間降水量は、陝西北部が400〜600ミリ、関中が500〜700ミリ、陝西南部が700〜900ミリ。陝西省各地の降水量は季節による変化が顕著で、夏の降水量が最大で通年の39〜64%を占める。夏の降水量は、陝西北部に集中する。秋の降水量は夏に次ぎ、通年の20〜34%を占める。春の降水量は秋より少なく、通年の13〜24%を占める。冬の降水量は少なく、通年の1〜4%を占める。
このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8257、080-5077-8156(24時間)  北京 (010) 6536-8386
MAIL:japan@peopledaily.com.cn