メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>文化>>教育
更新時間:10:48 Aug 14 2008
芥川賞に初の中国人作家
 日本で最も権威のある文学賞・芥川賞の選考委員会は15日、東京で選考会を開き、日本に滞在する中国人作家・楊逸さん(44)の「時が滲(にじ)む朝」を第139回芥川賞受賞作品に決定した。中国籍の作家が芥川賞を獲得するのはこれが初めて。

 楊さんは1987年に日本に留学し、お茶の水大学を卒業している。芥川竜之介を記念して1935年に設けられた芥川賞は、日本で最も権威のある文学賞として、優れた作品を発表した新人作家に贈られる。過去には大江健三郎や村上龍などもこの賞を獲得しており、日本で作家が名をあげる重要な一歩となっている。(編集MA)

 「人民網日本語版」2008年7月16日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京オリンピック主題歌「私とあなた」 北京オリンピック主題歌「私とあなた」