メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>文化>>教育
更新時間:10:41 Aug 14 2008
ネット文学は伝統文学を脅かす存在ではない(2)
 王蒙前文化部部長は、次のように述べた。

 ネット文学と伝統的な文学は、相互に促進しあう場合もある。私には次のような経験がある。私の新刊書は、ネットで取り上げられると、いつもより売れ行きが伸びる。あるときは、ネットで大量の盗作が発生したこともある。私ももう訴訟をしなくなったが、というのは、それが客観的には販売促進の作用をするし、ネットで見たから私の本を買わないという人は非常に少ないからだ。互いに縄張りを荒らさない一面もあり、ネットは相対的に若い人たちが多く、時にはネット上で野放しにし、時にはにぎやかに議論することも必要だ。それに対して、体裁よく印刷しあがった本は、その読者、その風格共にまったく違うもので、お互いにぶつかり合うこともない。

 さらに、ネット上の作品は絶えず出版されており、相当の成功を収めている。一方で幾人かの作家は自分でブログも開設しており、ネット上で自分の作品の影響を広げることに力もいれている。現在のところ、紙面上の多くの作品の質は非常に差があり、ネット上の作品も同じである。質的に差の大きい作品が大量に出てくることは、これはまた文学の民主化の上で必ずついてくる代価である。しかし現在、まだ大きな矛盾もない。私もまた、ネットが作家を脅かすだろうと発言したことは一度もない。(編集YS)

 「人民網日本語版」 2008年08月07日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京オリンピック主題歌「私とあなた」 北京オリンピック主題歌「私とあなた」