メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>文化>>教育
更新時間:17:38 Sep 23 2008
名作家がネット上で小説対決 審査員はネットユーザー(3)
 作家協会主席、多くが開放的な態度を示す

 ルートを増やし、より繁栄

 ネットユーザーの中にはこのイベントを誇大化しすぎという意見もあるが、コンテストに参加する30人の作家協会主席(副主席)はこれに対し、開放的な態度を示している。劉慶邦氏は「誰かが読むことで、小説の価値が生まれるのだ。今ではインターネット上で文学を閲覧する人は、紙面の作品を読む人数よりも多いと聞く。そこで、私も自分の小説がインターネット上の読者に受け入れられるか、トライしてみようと思った」と述べている。

 イベント開始からそう長くはないが、すでに「紙とネット、相容れるか?」といった大論争を引き起こしている。「現代のインターネットのように、俊敏な速度で、国境なく、人類の閲覧および思考に影響を与えた媒介は今まで無かった」とあるネットユーザーは述べている。「こういった意味で、紙上文学作家の才能を再度審査評価し、文学創作にインターネット方式の統合や整理を行うことはとても意義がある。文学はこのようなネット洗礼を経験する必要があるのだ」と。

 面白いことは、伝統的文学とネット上の文学の接合や融合に対し、作家協会の主席たちが非常に楽観視していることだ。

 山西省作家協会副主席の哲夫氏は、「インターネットは、すでに現代社会に不可欠なメディアとなっている。伝統的文学が従来の場だけにとどまる意義は小さい。お互いに融合し、磨耗してこそ、新たな文学の繁栄が生まれる。一つでも多くの創作の場を設け、一人でも多くの読者に読んでもらい、一つでも多くの文学手段を残し、一つでも多くの世界交流の架け橋を築き、一つでも多くの肝心なものを会得するルートを作り、一つでも多くの文化的な繁栄を起こし、少しでも多くの個人の所得につながることなら、私も喜んでやるさ」と述べている。(編集WM)

 「人民網日本語版」 2008年09月23日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催 北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催