メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>文化>>教育
更新時間:17:37 Sep 23 2008
名作家がネット上で小説対決 審査員はネットユーザー(4)
 インターネットは文学の大衆化を促進

 今を守り、未来に繋げる

 インターネット上の文学の研究に10年近く携わっている上海大学中文科の葛紅兵教授は自信ありげに「伝統的な文学とネット上の文学の区別を強調しすぎる必要はない。実際、この2つは、メディアの介入方法が大きく異なるだけだからだ。ネット上の文学はつまり、伝説文学や紙面文学後の文学を発展させる主導的な形式である」と述べている。

 葛紅兵教授によると、ネット上の文学とは、本当の意味での大衆作品であり、大衆が読み、大衆が伝える文学である。厳粛な文学や世俗文学、専門文学、余興文学の伝統的な地位レベルの秩序を打破している。このような精華された後の文学は、精神を鍛えるためではなく、精神的なより所となる傾向がある。文学のこの「社会地位」の変化は、時代の発展の需要に符合している。また、我々はインターネットがあっという間に文学を救うと望むことはできない。インターネットは文学を適所に収めるだけだ。インターネットが文学の大衆化を促進するのは、この傾向の現れだ。

 ネット上の文学に現有する主な問題について、葛紅兵教授は「精神的な品格、創作態度などの文学創作の共通問題に面しているほか、ネット上の文学には特有の問題がある。例として、歴史が浅く安定していないこと、理論および批評に乏しいこと、著作権および印税制度が完備されていない、レベルの異なる作家が混在している、などだ。」と述べている。

 だが、ネット上の文学の今後に対し、葛紅兵教授は自信をもってこのように述べている。「今後もまだ長い期間をかけて、ネット上の文学は紙面文学と共存していくだろう。もしくはぱっと見た目、紙面文学ほど高尚さに欠けることもあるかもしれない。だが、ネット上の文学、つまり文学の将来は、文学のスタート地点になるはずだ」と。

 江蘇省作家協会の儲福金副主席は、「インターネットは未来の文学にとって主要な場所だ。作家はすべてこのような転身を経て、今を守り、未来につないでいかなければならない」と意味ありげな言葉を残している。(編集WM)

 「人民網日本語版」 2008年09月23日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催 北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催