メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>文化>>教育
更新時間:13:39 Oct 08 2008
西蔵民族学院、創立50年で3万人余りの人材育成
 西蔵民族学院は西蔵(チベット)の平和解放後に中央政府がチベットに創立した最初の大学だ。同学院の前身である西蔵公学は1958年、陝西省咸陽市に開学し、西蔵教育事業の発展に新たな一ページを開いた。国務院の承認を経て、西蔵公学は1965年に西蔵民族学院と改める。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 改革解放後、特に今世紀に入ってからは、西部大開発や全国教育の西蔵支援、中国の高等教育における改革・発展のより良き改革革新のチャンスをつかみ、同学院の運営規模は拡大を続け、環境も大幅に改善され、運営レベルが著しく向上するなど、猛スピードで歴史の新段階を迎えた。

 西蔵民族学院は現在、哲学・経済学・法学・教育学・歴史学・文学・理学・工学・医学・管理学の10学部を有し、大学教育を中心に、大学院も備える高等教育機関となった。今のところ31学科、6つの修士学位があり、1万人余りの在校生が通っている。

 創立以来半世紀で3万人余りの人材を輩出し、特に省・部クラスの指導幹部や芸術家、作家、教授、医学者、農学者、エンジニアなど30人余りの傑出した人材が西蔵やその他の地域で活躍している。(編集KA)

 「人民網日本語版」 2008年10月08日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
「神舟7号」宇宙飛行プロジェクトのCG動画 「神舟7号」宇宙飛行プロジェクトのCG動画