メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>文化>>教育
更新時間:16:39 Oct 10 2008
成都の女子大生 4人一室の寮で「1人暮らし」(2)
 ▽一部の学生が一人部屋

 この大学では、ごく限られた学生だけが学生寮の部屋を一人で使用し、その多くが大学2、3年生だ。同校のある教員は「2年生や3年生が入寮したとき、まだ空き部屋があったため、学校側も一人での使用を許可したのです。今では、新入生の数が多く、部屋もいっぱいで、学校側としても一人使用はあまり許可したくない状態です」と述べる。

 杜楊さん(仮名)は入寮時に部屋の一人使用を申し込んだ。彼女の部屋の冷蔵庫には、米や食用油、野菜などが入っている。寮内の一人暮らしを希望したのは彼女の母親だそうだ。杜楊さんの専攻は芸術。一人暮らしの方が創作活動の妨げにならない、との判断だ。杜楊さんは「大学生も自立すべきだと思う。勉学においても管理能力が必要。母が私に一人暮らしさせたのは決して甘やかせるためじゃないわ」と話す。

 ある男子生徒は、2段ベッドの上から落ちて足を怪我したことがあるため、一人使用を申し込んだ。学校側の管理は厳しく、学外で部屋を賃貸することはできない。一人暮らしをしている、ある女子生徒は「一人一室は、学校側の個性化教育を反映してのことだと思う。同級生たちとの交流が減ることや、他の人から奇異な目で見られることは別に気にしてないわ」と話す。

 劉月さんは「昔から、寝るときもずっと電気をつけておく習慣があったの。でもそれだと、他のルームメイトに悪いでしょ?だから一人部屋を申請したのよ」と述べている。学外で部屋を借りたとしても、年間4800元でこのような条件の部屋があるとは限らない。「家の経済力が同じような同級生もたくさんいるけど、結局、自分がどう選択するかよね」と劉月さんは話す。(編集WM)

 「人民網日本語版」 2008年10月10日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
「神舟7号」宇宙飛行プロジェクトのCG動画 「神舟7号」宇宙飛行プロジェクトのCG動画