メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>文化>>教育
更新時間:13:59 Dec 02 2008
米国人の留学先、中国が人気 今年25%増
 米国の国際教育協会(IIE)がこのほど発表した最新年度報告によると、米国人学生の海外留学熱が次第に高まっており、中国は留学先として最高の吸引力を備えた国の一つとなっている。2008年に中国に留学した米国人の数は、前年比25%増加した。「北京日報」が伝えた。

 多くの米国人学生にとって、「伝統」の海外留学先は、英国、イタリア、スペイン、フランスなど欧米諸国だが、中国が今やそれに迫る勢いを見せている。中国語が依然、学生達に「世界で最も難しい言語のひとつ」と認識されているにも関わらず、だ。IIEのアレン・E・グッドマン会長は、「中国に留学する圧倒的多数の米国人学生にとって、留学の目的は中国語あるいは中国史の習得だ。また、中国経済の急成長に伴い、中国の経済政治体制を研究する希望を持つ人は極めて多い」と指摘している。

 今年は、世界金融危機の影響を受け、奨学金を受けて中国に留学している米国人学生は、前年に比べほぼ倍増した。米国の各大学が実施しているいくつかの訪中交流プロジェクトも、米国人学生に「引っ張りだこ」となっている。(編集KM)

 「人民網日本語版」2008年12月2日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える