メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>文化>>芸能
更新時間:10:40 Sep 11 2008
金鶏国際映画フェスティバル開幕式、「おくりびと」が上映へ
 第17回金鶏百花映画フェスティバルが10日、大連で開催する。重要なイベントのひとつとなる映画放映には18本の映画が出展。開幕式では日本映画「おくりびと」が、閉幕式では米国の「The Nanny Diaries」が上映される。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 「おくりびと」は滝田洋二郎監督による最新作で、本木雅弘が主演、余貴美子らが出演している。ストーリーは次のようになっている。所属していたオーケストラが解散し、音楽に対する夢が破れた大悟(本木雅弘)は、ふるさとに帰る。新たな仕事を探していたとき、大悟は非常に好待遇の求人広告を見つける。彼は求人に応募し、社長の佐々木に採用される。彼に与えられた仕事とは、亡くなった人を納棺する仕事であり、やがて彼は「おくりびと」と呼ばれるようになった。当初は困惑していた大悟も、次第に人それぞれの「お別れ」のドラマがあることに気付き、自身の仕事に誇りを抱くようになる。

 これら2本の作品は、開幕式・閉幕式で上映される以外に、大連市内の映画館でも上映されることになっている。(編集HT)

 「人民網日本語版」 2008年09月08日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催 北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催