メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>文化>>芸能
更新時間:13:46 Nov 17 2008
北京電影学院国際学生作品展 金賞にドイツ作品
 7日間にわたる上映を経て、このほど閉幕した北京電影学院「第7回国際学生映画・テレビ作品展」において、ドイツ学生の映画作品が金賞に輝いた。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 組織委員会によると、41カ国・地区の100校以上の学生が、今回の映画・テレビ作品展に作品を応募したという。応募作品数は700作品以上に達し、このうち434作品は、中国大陸部と香港・台湾地区の映画大学に在籍する学生によるものだった。最終的に97作品が入選、ドイツ・ミュンヘンテレビ映画大学(University of Television and Film in Munich)に通うマック・カザル氏による映画作品「ミラノ」が、栄えある金賞を獲得した。 (編集KM)

 「人民網日本語版」2008年11月17日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える