メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>北京
更新時間:15:20 Dec 03 2008
貴重な宮廷芸術品が北京で公開
清朝乾隆帝時代のタペストリー
北京故宮博物館副研究館員の織物専門家・宗鳳英氏(右端)が来客に「竜袍」を説明している様子。
 北京北緯オークション公司は18日、「2008宮廷芸術品トップフォーラム」を開催し、12月6日開催予定の秋季「宮廷芸術品競売会」への熱を高めた。国内外のコレクター数十人、宮廷芸術品研究家がこのフォーラムに参加し、貴重な宮廷芸術品を観賞した。会場では、清朝宮廷の公式衣装「竜袍」7枚、明朝末の竜と鳳凰をあしらった金銅の鞍、清朝康熙帝時代の花を描いた茶碗、清朝乾隆帝時代のタペストリーなど競売会で出品する予定の貴重な宮廷芸術品が公開された。(編集WM)

 「人民網日本語版」2008年11月19日
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える