メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>文化>>文化保護
更新時間:11:26 Dec 07 2008
京杭運河で明代に作られた「閘門」を発見
 京杭運河の山東省・台児庄区間で行われた土砂・ゴミ除去プロジェクトにおいてこのほど、明代に使われていた運河の閘門(高低の差の大きな水面で船を昇降・通過させる装置)が発見された。この閘門は細長い石と大きな黒いレンガで造られており、最も狭いところで8メートルと、当時の「漕運(政権が食糧を運河で首都まで輸送したこと)」の活発だった様子が蘇る。考証の結果、この閘門は山東省棗庄区間を流れる「?運河」に8つあった閘門の一つで「頓庄閘門」といい、400年以上前の明代万暦年間に造られたものだという。写真は発見された閘門跡。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2008年11月24日
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える