メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>転載>>国内メディア
更新時間:08:50 Sep 05 2008
中国、6カ国協議参加国の交流と接触を希望
 中国外務省の姜瑜報道官は4日北京での定例記者会見で、「朝鮮半島核問題を巡る6カ国協議の関係方面は交流と接触を強化し、問題の早急な解決に共に努力していくべきだ」と述べました。

 朝鮮外務省は先月26日、ニョンビョン(寧辺)の核施設の回復作業を開始したという内容の声明を発表しました。アメリカのヒル国務次官補は近く中国を訪問し、中国側と朝鮮半島核問題について討議します。

 これについて姜瑜報道官は、「6カ国協議の主催国として、中国は関連問題に関して各方面と密接な交流と協調を保っている。9.19共同声明で決めた目標を実現することは、6カ国の共同認識であり、各方面の共同利益にも合致している。当面の問題に対して、各方面は交流と接触を強化し、知恵を出し合うと共に、問題の早急な解決に尽力し、6カ国協議の進展を共に推進していくべきだ」と述べました。(翻訳:ooeiei)

 「中国国際放送局 日本語部」より2008年09月05日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催 北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催