メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|特集|過去の記事|文字
現在位置:
更新時間:11:15 Dec 07 2008
新疆伊吾県の皆既日食、観測成功率87% 8月1日
新疆伊吾県の皆既日食、観測成功率87% 8月1日
新疆ウイグル自治区伊吾(アラトゥルク)県葦子峡郷での「8.1」皆既日食観測ツアーが28日、現地に向けて出発する。ツアーに参加するのは上海の天文愛好家54人。
 新疆ウイグル自治区伊吾(アラトゥルク)県葦子峡郷での「8.1」皆既日食観測ツアーが28日、現地に向けて出発する。ツアーに参加するのは上海の天文愛好家54人。上海天文台関係者によると、葦子峡での皆既日食は2分1.5秒持続し、午後7時7分35秒から同9分37秒まで観測され、太陽の高度は19度前後となる予測だ。「新聞晨報」が伝えた。

 観測者らは上記の予測に対し、皆既日食の時刻がちょうど日の入り時刻にあたるため、わずか19度の高度で観測が可能かどうかを心配している。これについて中国科学院国家天文台の汪克敏・副台長は21日、専門的見地から、地平線からの高度10度以上の場合、観測に支障が出ることはないとの見方を示した。すべての条件を総合的に考慮すると、伊吾県が最も理想的な観測点となるという。(編集HT)

 「人民網日本語版」2008年7月23日
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える