メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>海南
更新時間:11:19 Dec 07 2008
海南省三亜で「竜吸水」が出現 雲と海面をつなぐ水柱
 海南省三亜市にある観光地、南山の海上に29日、水面と雲をつなぐ水柱「竜吸水」が現れた。この珍しい光景は10分ほど続き、現場にいた観光客を引き付けた。「南海網」が伝えた。

 「竜吸水」を目撃した当地の観光職員によると、午前10時頃、南山寺観海平台の南側の海面に突然黒い雲が出現。この黒雲の固まりについていた「竜の尾」のような形の雲が海面に突き刺さったかと思うと、海水を飲み込み始め、高さ100メートルもの巨大な水柱ができ、空の上の黒雲とつながった。その後、黒雲と水柱は南海観音像の方向に移動。この奇観は10分ほど続いたという。(編集KA)

 「人民網日本語版」 2008年08月31日
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える