メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>科学技術
更新時間:10:36 Sep 15 2008
十五夜よりも十六夜の月、、いちばんの満月は本日午後5時13分
 今年の中秋は「十五夜の月より十六夜が丸く」、旧暦8月15日の満月は2011年まで待たねばならない。北京天文館によると今年いちばんの満月を鑑賞できるのは本日(旧暦8月16日)午後5時13分だ。北京の日刊紙「京華時報」が伝えた。

 北京天文館の寇文・高級工程師によると、満月が出現する確率は旧暦8月15日と16日でほぼ同じだが、16日の方ががやや高く、14日や17日に出現したこともある。2008年、2009年、2010年の満月は3年続けて16日で、次の15日の満月は2011年になる。今夜は東の方角から満月が上り、最も高くなるのは深夜0時の南の空。その後西へ移動し、月の入りへ向かう。(編集NA)

 「人民網日本語版」 2008年09月15日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催 北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催