メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>科学技術
更新時間:11:22 Dec 07 2008
神舟7号、肉眼でも観測可能 一部の地域で
 人々は宇宙船「神舟7号」の観測に関心を寄せている。この問題について、北京航天飛行控制センター(BACC)の李学賓・副主任は、「神舟7号が軌道上を運行する間、一部の地域では肉眼で宇宙船を確認できる」と紹介した。

 さらに李副主任によると、宇宙船が運行する軌道高度に基づき、打ち上げから1日経過後、安徽省合肥市より北の北京・上海・南京・長春・太原・哈爾濱(ハルピン)・烏魯木斉(ウルムチ)・呼和浩特(フフホト)を含む一部の地域で、肉眼でも宇宙船を確認できるという。

 地上から肉眼で宇宙船を観測できる時間は、1カ所ごとに5分程度と短く、また快晴で、可視度が高くなければならない。観測の時間帯は主に明け方と夕暮れ時だという。(編集KA)

 「人民網日本語版」2008年09月25日
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える