メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>科学技術
更新時間:12:38 Dec 07 2008
指紋式飲酒運転防止システムが登場 大学生が開発
 ドライバーは運転前、ハンドルの下に備え付けられた検知器に中指をかざす。検知システムは、指紋と汗のデータを自動的に分析。アルコール量が基準を超えていた場合、エンジンをかけることができなくなる??。「第3回中国国際道路交通安全産品博覧会」で25日、大学生2人が研究開発した初の指紋式飲酒運転防止システムが披露された。「新華網」が伝えた。

 現在普及しているアルコール検知器は主に、携帯用と車載用に分かれる。中国の公安交通管理部門は主に、携帯用呼気式アルコール検知器を使い、飲酒運転を取り締まっている。

 今回披露された飲酒運転防止システムは、汗中アルコール濃度検査器・指紋認識器・脈拍測定器からなる。このシステムが車内に搭載されれば、ドライバーが中指を検査器に入れてから20秒でアルコール濃度の測定が可能となる。このシステムは自動車の発動プロセスと連結しており、アルコール濃度が基準を超えていた場合、燃料噴射装置の電子回路や点火装置が遮断状態となり、エンジンをかけることができなくなる。

 このシステムでは、アルコール濃度の測定と同時に、ドライバーの指紋のスキャンも行われる。スキャンした指紋が自動車の使用者の指紋と一致しなかった場合には、再度の検査が求められる。ドライバーが飲酒していない人に検査を頼んだり、運転を途中で替わったりする不正を防ぐためだ。さらに指紋認識機能は盗難防止の役割も果たす。(編集MA)

 「人民網日本語版」2008年11月26日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える