メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>科学技術
更新時間:12:38 Dec 07 2008
次世代スパコン「曙光6000」、国産CPUを採用へ
 曙光公司によると、中国科学院計算技術研究所と曙光公司が開発中のペタフロップス級(毎秒1千兆回の計算能力)のスーパーコンピューター「曙光6000」は、国産CPU「竜芯」を中心部品として初めて採用する予定だ。新華社が伝えた。

 曙光公司の董事長で計算技術研究所の所長を務める李国傑・院士(アカデミー会員)によると、スーパーコンピューター「曙光6000」は2年後には開発を完了する見通しだ。これが完成すれば、(1)国産CPUの採用に技術的な障害がなくなる(2)スーパーコンピューターのクラスタリング構造がペタフロップス時代に適応した改造を実現する??という2つの飛躍が遂げられることになる。(編集MA)

 「人民網日本語版」2008年12月1日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える