2012年6月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:21:53 Jun 20 2012

(五)日本が中国に遺棄した化学兵器に関して

 日本が中国に遺棄した化学兵器は日本軍国主義が中国を侵略した時に犯した重大な罪の一つであり、中日の間で解決を急ぐべき現実の問題である。中国を侵略した時、日本軍は国際条約に公然と違反し、化学兵器を使用し、大量の中国兵士と平民を害し、負傷と死亡をもたらした。日本軍の敗戦の時、自分たちの犯罪の証拠を隠滅するため、大量の化学兵器を埋蔵、遺棄した。これまでのところ、中国の十数の省、市と自治区の三十カ所以上のところに日本の遺棄化学兵器が発見されている。半世紀あまりの雨風に侵蝕され、これらの化学兵器は腐食がひどく、一部が漏洩して流れ出し、中国人民の生命と財産及び生態系と環境に重大な危害をもたらしている。

 この問題を解決するために、1989年から中国と日本が4回にわたる政府間交渉と4回にわたる専門家協議を行った。1997年、双方が共同ワーキンググループを結成し、これまでに4回の会議を開いている。日本側は中国遺棄化学兵器について、15回の現場調査を行った。交渉と共同調査を重ねた結果、日本は中国に大量の化学兵器を遺棄した事実を認め、この問題の重大性と緊迫性を十分認識し、この問題がいまでも中国人民に損害を与えていることに対し、心を痛めている旨を表明した。1999年7月30日、中日両国政府は『中華人民共和国政府と日本国政府の中国国境内における日本による遺棄化学兵器の廃棄に関する覚書き』に調印した。日本は『中日共同声明』、『中日平和友好条約』、『化学兵器禁止条約』の原則的主旨及び『日本遺棄化学兵器の廃棄に関する覚書き』の規定に基づいて、この問題を早急に解決することを約束した。中国側は外交部に担当機関として、「中国に遺棄された日本の化学兵器の問題を処理する弁公室」を設けた。

 中国網日本語版(チャイナネット)資料

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古