メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>中日交流
更新時間:17:21 Oct 17 2008
パンダ「梅梅」が死去 功績多き生涯(2)
 ▽腸閉塞を再発 治療の甲斐なく

 今年年初、ずっと健康だった梅梅は突然、腸閉塞を発症した。中日専門家の共同努力のもと、中国医学と西洋医学を組み合わせた治療が行われ、10日余りで快復を果たした。だが9カ月の過ぎた今月4日、梅梅の精神状態は再び悪化し、食欲も低下し、排便もなくなった。症状が1月と似ていたため、中国側の専門家は腸閉塞を再発したものとみている。

 日本側の専門家は6日から、梅梅が必要とする栄養を点滴で維持してきた。さらにパラフィン油・ひまし油・石けん水の体内注入による浣腸などの手段で便通を促した。また成都パンダ基地は、成都中医薬大学と華西医院消化内科の有名教授に梅梅の診察を依頼した。だが梅梅の腸内の糞便は排出されず、自分で食事をすることもできず、これによって引き起こされた血中カリウム低下で腸のまひがさらに悪化した。13日にはその他の内臓に機能不全が発生し、梅梅は15日にこの世を去った。(編集MA)

 「人民網日本語版」2008年10月17日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
映画「画皮」予告編が初公開 恐怖よりも一驚 映画「画皮」予告編が初公開 恐怖よりも一驚