2009年5月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:25 May 11 2009

春風に乗った桜

 日本の国花は?と聞かれたら、多くの中国人は迷わず「桜」と答えるであろう。もちろん正解は菊と桜であるが、日本といえば、桜の花びらが風の中でふわふわ舞い上がっている様子が頭に浮かぶのである。それに、「桜」という歌も有名で、知らない中国人はいないともいえるのではないか。

 もう数年前のことだが、中学のとき、沖縄からやってきたコーラス隊が私の学校を訪れた。私の中学校は音楽の分野で活躍しているからだ。そのとき、私たちのコーラス隊はみんなで楽しめる歓迎会を作るために、「桜」の歌を日本語で練習しておいた。そして、本番のとき、私の学校のコーラスが日本語の「桜」を歌い、一方、相手コーラスは中国語でその歌を歌った。結局はバラバラになってしまった。しかし、お互いの気持ちは十分伝えられたのではなかろうか。相手コーラスもきっと私たちがわかりやすいように、わざわざ中国語の「桜」を用意しておいたのだろう。正直に言えば、当時の私たちの日本語も、相手コーラスの中国語も、上手ではなかった。けれども、言葉では伝えられない心遣いがその歌に含まれていて、誰も感動せずにはいられなかった。その心遣いが伝わったのならば、たとえバラバラになってしまっても、大丈夫だと思う。

 人と人との付き合いは、相手がお金持ちか貧乏な人かは問わず、性格も同じでなくていい。一番大事なのはお互いの心である。国と国の関係もそうであろう。WIN WIN関係を築くには、まず、相手国のことを優しく考える精神を持っていることだと思う。心を開くということである。

 今でも、中国人の中には日本のことを憎んでいる人がたくさんいる。それと同時に、日本人にも中国に対して偏った見解を持っている人は少なくない。もしみなそういう気持ちをいつまでも抱えていたら、WIN WIN関係を築くことはできないのではないか。

 「私にとって一番怖いのは中国人学生が出してくる戦争についての作文です」と、ある日本人の先生はおっしゃっていた。確かに、戦争のことがいつも気にかかる人もいれば、その先生のように、戦争という言葉を怖がっていて、戦争より平和のことにもっと関心を持っている人もいる。どちらが平和のためになるのであろうか。もちろん、後者である。

 一年前に教えて下さった日本人の先生の話なのだが、その先生は、いつも首に携帯電話をぶら下げていた。普通の携帯だと思ったから、最初は気がつかなかった。ある日、先生がその携帯電話について話して下さった。

 それは、先生が前の学校で授業している頃に、学生が買ってあげた携帯だそうだ。先生が町の中をぶらぶらしているときに携帯が泥棒に盗まれたのを知って、先生の教え子たちはみんなでお金を出し合って、新しい携帯を買ったという。そして、先生にあげた時学生たちは次の一言だけを添えて贈ったそうだ。それは「中国人を嫌いにならないでください」という言葉だ。

 その話を聞いて、とても感心した。世界中にはどこでも悪い人がいるかと思えば、いい人もいる。しかも、悪い人にもきっといいところもあるはずであろう。ほんの少数の悪いことを気にして忘れないのは、社会の発展にはよくないと思う。

 日本と中国の間には確かにいろいろあったが、平和のために一生懸命走っている人もたくさんいる。みんなに過去を忘れてほしいのでなく、ただ、過去を顧みてばかりいるのはちょっと賢明ではないと思う。心を広くして、お互いのいいところにもっと気付けばいいのではないか。優しい心でお互いを理解し合おうとしたら、きっといろいろな素晴らしいことがあると思う。

 今年になって以来、日本と中国の交流は多くなり、四月の桜のように咲き誇ってきた。まるで春風の柔らかな感じである。

 私たちもこれから、桜の花びらになってその優しい春風に乗り、一緒にこの暖かい春を明るく、美しくすることにしようか。

 そうすると、日本人でも中国人でも、きっと今まで知らなかったお互いの姿が見えるのではないか。今度は春の桜だけでなく、秋の菊も楽しもうではないか。

 (張若童 集美大学)

 特別提供:日本僑報社・日中交流研究所
 中国人の日本語作文コンクール特集

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古