2009年5月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:25 May 11 2009

心の力--中日関係に対する考え

 日本が好きではないと言いながら、日本人の仕事の真面目さに感心する。靖国神社参拝と聞くとガンガンとなるが、実際日本人と付き合う場合、親切いっぱい。日本商品への不買運動を呼び掛けつつ、日本商品がやはり中国の人々の生活に浸透している?このように矛盾する態度を示す中国人はけっこう多いようです。

 一方では、「中国が汚い」「実際中国に来てみると中国人が親切だった」「国内で思った中国と違った」という日本人も少なくないでしょう。

 それは「二つの顔を持つ」というわけではありません。その心配も真実で、その感心も真心からなのでしょう。こういう好き嫌いの交じった態度は、中日人民の素朴な感情の表れでしょう。

 しかし、なぜ中日両国民はこんな愛と憎しみの交じった複雑な感情を抱いているのか、それは、日本語学習者の私が、長い間、戸惑ったところです。

 二〇〇五年四月、反日デモが起こった時、日本の友人から次のようなメールをもらいました。

 「日本では、北京で反日デモが行われている状況が報じられております……詳しい状況が日本には伝えられておりません。家族はみな北京に残っていますから、何か分かりましたら教えて下さい」。

 正直に言えば、このメールが届くまで、私は反日デモのことをまだ知らなかったのです。そして、周りの人にいろいろ事情を尋ね、「町の雰囲気はいつもと違っていません、多分大丈夫だと思いますが……」という返事を出しました。それでも、彼はやはり半信半疑で、すぐ北京へ戻りました。

 「実際に戻り、普通の生活にはその影響が見られず、毎日、妻が三輪車で子供を学校に送る時、坂道で、車を押すのを手伝ってくれる人がやはりいます。家族の北京での生活に安心しました」と言いました。

 このことは私に深い示唆を与えてくれました?中国人も日本人も、相手を一つの国・民族としてみた時、多少の抵抗感を持っているようですが、国という枠を超えて、一人一人の人間として付き合う場合、国籍・歴史・文化の差が消えてしまい、そして、個別の人間として、より理性的に評価することができるし、優しく付き合うこともできるのです。だから、中国と日本の国交がもっとも暗黒な時代でも、両国の民間交流は絶えることがありませんでした。国家レベルの関係がどんなに悪化しても、私たちの心を温める中日交流の架け橋になる草の根交流が少なくありませんでした。

 今度のブン川大地震は典型的な例と言えるでしょう。

 大地震が発生した後、日本から寄せられた同情と支援は全中国を感動させました。

 ウェブ上の掲示板に

 「ありがとう、日本!」

 「日本に対する印象が変わった」

 「ずっと日本に偏見があったが、日本人はいい人だ」

 「ありがとう! 中国人民は絶対忘れない」

 というような感謝の書き込みが相次いでいます。

 しかし、日本からの援助、今回が初めてではありません。日本は中国に対する政府開発援助(ODA)を毎年三〇〇〇億円という多額な金額を払っているそうですが、ODAの存在を知っている中国人は多くありません。知っていてもそれほどの感動にはならないでしょう。

 そのわけは、技術・資金と違って、日本援助隊が遺体に全員で黙祷をささげた姿に温かい人情味が感じられるからでしょう。

 中日の間に横たわる溝はたくさん。歴史・文化・習慣などの違いで、暗い過去を乗り越えるのは絶対容易ではありません。しかし、違っているからこそ、尊重と理解が必要です。日本のドラマ『Beautiful Life』の中で、車椅子に座る杏子さんは「高さ百センチから見る世界は綺麗だったよ」と言ったように、角度を変えれば、新しい世界が見えます。人間の心は弱いものだから、傷つきやすい、そして動かされやすい。でも、心を動かすのはやはり心でしょう。

 (張羽 北京培黎職業学院)

 特別提供:日本僑報社・日中交流研究所
 中国人の日本語作文コンクール特集

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古