2009年6月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:52 Jun 24 2009

青島日本人会会長:青島での生活は日本より理想的

青島日本人会ヨット同好会

 「青島ビール」のおかげで日本人によく名前を知られている青島。昨年、北京オリンピックのセーリング会場ともなり、その魅力が世界に伝えられた。ここでは、3,000人以上の日本人が暮らしており、住み心地はどうだろうか。三菱商事(青島)有限会社の総経理で、青島日本人会の会長も務める飛坂有三氏は「チャイナネット」の取材に対し、青島で楽しい生活を送っており、ご自身の余暇のスタイルには日本よりも理想的な場所であることを語ってくれた。

 青島日本人会ヨット同好会

 「山あり、海あり、豊かな自然に恵まれる青島は住みやすく、日本人はこの町を好きになるのではないでしょうか」と考える飛坂会長だが、彼には、もう一つ青島が好きになる理由がある。飛坂会長はヨットが大好きであり、青島が北京オリンピックのセーリング会場に決まった時、彼はうれしくて仕方がなかった。「ヨットをするには、多くの時間がかかるのではないですか。三菱商事のお仕事は忙しくないのですか」という記者の冗談めいた質問に、飛坂会長は笑いながら、先週の土曜日の例を挙げた。「午後は仕事だったのですが、朝に自転車でマリーナまでいけば、10分でヨットに着き、午前中はヨットを楽しみ、午後には仕事に戻れます。この距離感は日本では考えられないです。日本で東京の場合、マリーナまでの往復だけでも4時間以上はかかります。そのため、青島はこの面ではとても恵まれていますよ。青島でもっとたくさんのヨットが普及すればいいなと思っています」と、ヨット愛好家としての満足感を示した。

 趣味で有機野菜を栽培

 飛坂会長のもう一つの趣味は野菜栽培である。約200平方メートルの農地で、トマト、葉野菜などを有機農法で栽培し、農家の方に頼んで水をやってもらい、肥料などは自分で用意して農家に渡している。収穫したら、自分で食べるか、友達に贈ろうと考えている。「農薬を使わないから、食べる前に虫に食べられてしまうかもしれませんが」と飛坂会長は笑う。

 「日本からの観光客がもっと増えると良い」

 青島での生活を楽しんでいる飛坂会長は、もっと多くの日本の方に青島の魅力を知ってもらい、「日本からの観光客がもっと増えるといいですね」と述べ、「この間、妻の友人6人が青島に来たのですが、楽しく観光でき、買い物や足マッサージも楽しめると喜んでいいました。特に食べ物は、アサリや野菜などで作った山東料理が非常においしく、地元で飲む青島ビールも格別においしい」と訪れた友人達もよろこんでくれた。

 「駐在員の奥さんにとっても、子供にとっても、青島は楽しんでもらえる町」

 青島日本人学校の新校舎が昨年完成した。この学校の副理事も兼任している飛坂会長は、これは青島の投資環境を改善するのに大きな意義を持つと見ている。

 青島日本人学校では、小中学校を含め約90人の生徒が学んでいる。日本の学校のカリキュラムとほぼ同じで、先生も日本から招いたのだが、中国語や中国に関する授業、英語を母国語とする先生による英語の授業もあるのが特徴である。飛坂会長は、「先日日本人学校の運動会に出席しましたが、子供たちの笑顔があふれていました。父兄の方の話によると、子供たちが学校を大変楽しみにしているとの事で、父兄の方も満足していただいているようですよ。」と話した。

 飛坂会長は、日本人学校の設立は、駐在社員の生活の安定という意味で大きな役割を果たしていると見ており、「家族は一緒に生活するのが一番ですので、どうしても単身赴任の方は、大抵短いサイクルで帰ってしまいます。せっかく中国に、青島に来て、いろいろなことに慣れた頃、また帰らなくてはならない。ですから、家族もここで一緒に生活できる環境がある事は重要だと思っています。奥さんにとっても、子供達にとっても、青島での生活はとてもいい経験となるでしょう。日本人にとっても、青島は生活を大いに楽しめる町だと信じています」と語った。

 「チャイナネット」 2009年6月19日

趣味で有機野菜を栽培
関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古