2010年1月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:50 Jan 06 2010

中国人留学生が見た中日の「奇異」─使われない車

 文=薩蘇

 日本で十年余りも暮らしていると、中日文化の違いに次第に鈍感になってくる。初期のころ感じたカルチャー・ショックはすでに薄れているが、日本にやってきたばかりの留学生と話すと、彼らは、口々に“奇異”に思うことを挙げる。それらの“奇異”は聞いていると、笑いたくなるものもある。例えば、中国人留学生の目に映る中日の“奇異”の一つは、「使われないクルマ」というものである。

 日本はクルマ王国といわれ、その印象は、中国人の頭に強く焼き付いている。鄧小平は名古屋のクルマ工場を見学し、現代化とは何かを知った。日本はまさに世界のクルマ生産大国であり、トヨタ、三菱、日産、ホンダなどのプレートをつけたクルマは世界各地に見られる。ゆえに、中国人留学生は、日本にやってくる前、日本はアメリカのような「タイヤの上の国」だと想像している。けれど、日本に到着すると、彼らは日本人の外出時、その多くが電車を使うことを知る。社会的地位が高い人さえ、みなと一緒に電車に乗る。電車のなかで大相撲の力士を見かけることも珍しくない。日本のほとんどの家庭は、クルマを所有しているが、その多くはそのまま置かれ、休日に子供と遊びに出かけるか、または買い物の時にだけ使われる。十年以上も使っているのに、数万キロしか走っていないクルマもある。中国の家庭のクルマは、その距離を一年で走るというのに。

 中国では、クルマを所有することは、自慢であるうえに便利である。所有者は、クルマで出勤する。この一点においてはアメリカに似ている。所有者でありながら運転しないのであれば、それは中国でよく言われる「手潮」である。(運転の下手な者がなぜ「手潮」と呼ばれるのか、私はよく知らない。が、おそらく下手なドライバーほど、運転時に手に汗をかき、それが手を濡らすからだろうか)

 中国人になぜ出勤にクルマを使うのかと聞けば、各種の答がかえってくるだろう。クルマのほうが速い、クルマを持つのは地位と名誉の象徴だから、など。どうであれ、バスや地下鉄で他人と押し合いへしあいしながらの出勤よりも、羨まれるものである。

 それなのに、日本人がクルマを持ちながら使わないのは、中国人にとっては、悩ましい。けれど、日本をよく知る者にとっては、別に不思議ではなく、中国と日本のマイカー出勤の優劣を比べてみれば、自ずと理性的な結論がでる。

 まず、日本の都会では、一般自動車道は、時速40~50キロに速度制限されており、対して電車の速度は、時速100キロ、そのうえ信号がない。多くの線路は、できるだけカーブのない、直線に設定され、両地点の間の走行距離は、クルマに比べ長いものではない。マイカー通勤はどうしても電車に劣る。

 けれど、中国では、地下鉄はまだそれほど発展しておらず、通常の通勤の公共交通はバスである。バスと乗用車が同じ道路に並べば、小型で、動きがよく、細い横丁を抜けて進む乗用車のほうが速度が速い。

 また、日本では仕事のストレスが高く、多くの人々は朝から深夜まで会社のために奮闘している。このような状況下、もしマイカー通勤をすれば、ドライバーは、交通事故が起きないよう、気力をふりしぼらなければならない。中国人も仕事のストレスも高く、最終便に間に合わない時間まで残業することもあるが、もしマイカーがあれば、家に帰ることができる。もし、残業がなければ、中国人は、息抜きの活動や、友達との集まりに好んで参加し、様々な異なる会社の友人と集まるには、マイカーが便利である。

 日本は土地が狭く、土地一寸、金一寸、ゆえに大きな建築物の周囲に駐車場が少なく、あるにしても料金が非常に高い、ということもある。中国では、法の目こぼしにより、路上駐車はどこにでも見られ、駐車難の問題を解決している。

 さらに、もう一つの原因として、クルマの普及により、日本人はクルマを成功者の証とはみない、ということもある。このような落ち着いた態度でマイカー通勤に対するため、日本は「タイヤの上の国」にはならないのだ。このあだ名からすると、隅々まで電車のネットワークがいきわたっている日本は、「レールの上の国」と称えられるべきだろう。

 「人民中国インターネット版」  2010年1月2日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古