2011年1月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:36 Jan 04 2011

中国人観光客による日本での骨董品購入ブーム

資料写真:中国の骨董

 『日本新華橋報ウエブサイト』によれば、中国人による海外での骨董購入ブームの波が日本にも及んでいる。日本メディアは次のように指摘している。日本各地で開催される中国古代の書籍や芸術品のオークションが多くの中国人観光客を魅了している。中国人旅行者の存在は、日本の骨董市場に活力を与えると同時に、古美術品の祖国への還流を促している。

 共同通信社の報道によれば12月上旬、銀座のある骨董店が中国古美術品のオークションを開催した。主催者によれば、100人近いオークション参加者の半数以上は中国からの団体旅行客だったという。オークションは日本語と中国語を使用して進められた。

 直接的に競りに参加したのは日本の骨董商たちで、落札者は55歳の中国人コレクターだった。中国人コレクターは、日本には中国にはない良品があると聞くので、落札できてとても嬉しいと語る。この杭州から来たコレクターは、10日間に7カ所で開催されるオークションに参加する予定で、銀座はその4カ所目にあたり、今までに600万円分の骨董品を競り落とした。彼にとっては今回が初めての「骨董オークション・ツアー」で、今後も毎年日本を訪れたいという。

 中国人富裕層の骨董品コレクション熱は海外に向かっている。オークション会社のクリスティーズによれば今年春、自社が香港で開催したオークションでの成約総額は約52億円に達し、昨年同時期に比べて30%増加した。

 先述の銀座の骨董オークションの主催者は、最近は日本国内における中国古美術品オークションの開催地と開催数は増加傾向にあり、訪日オークション・ツアーも続いていくだろう、「骨董がお金のある場所に流れていくのは自然の法則である」と語る。

 11月には、日本最大規模の古書籍オークションが東京千代田区で開催された。中国古書籍の出品数は昨年の倍となり、中国国内の古書籍コレクション熱を反映した形となった。中国から来た数10名の客たちには、オークション前に品定めをする特別待遇が準備されていたようだと、主催者は語る。

 中国古書籍に詳しい山梨県立大学の名和敏光准教授によれば、「中国国内での価格高騰が日本での古書籍の値上がりを促した。状態の良い古書籍は奪い合いになり、日本の学者にとっては高嶺の花だ」。

 また、日本の国内事情は古美術品の中国への還流をも促した。岐阜市で中国古美術商を営む白木健二氏によれば、「不景気のせいで2000年頃からは国内の買手の数が急激に減った。売手が増えるのと同時に、中国からの問合せも増加している。現在、日本の骨董業界を支えているのは中国人富裕層だ」。

 古書籍を含め、中国の古美術品に人気があるのは何故か。その原因は、中国人が自国の文化財産を買い戻そうとしていることにあるのではないか、と名和准教授は考える。一般的に、中国人の西洋美術品に対する注目度はあまり高くないという。日中両国間には長い交流の歴史があることから、多数の中国の古美術品が日本に流れ込み、「格好の投資対象」になっているという。

 度々、日本を訪れているという中国人の企業経営者は、日本にある中国の古美術品はかなりレベルが高く、保存状態も良好で、その品々に対するかつての所有者の思い入れがよく分かるという。中国人は今後も日本に古美術品の収集にやってくるだろう、と彼は語る。(文=喬聚)

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年01月04日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古