2011年1月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:34 Jan 06 2011

2010年度湖南省と日本の友好交流10大ニュース

周強書記(右2)、『湖南省と日本の交流素描』著者石川好氏らと会見した。日本僑報社提供

 1月5日に発行された日本僑報電子週刊第956号に、日本僑報社と日本湖南人会が共同で選んだ日本と湖南省の友好交流における2010年度10大ニュースを発表した。華僑系メディアと華僑団体による省レベルでの日本との交流に関する10大ニュース選出は、昨年に引き続き2回目となる。これらのニュースは日本の読者に広く受け入れられ、湖南人会会員や湖南省の関係者の注目を集めた。以下が10大ニュースである。


 1.『湖南省と日本の交流素描』が出版。著者の石川好氏が段躍中会長とともに湖南省を訪問し、周強書記と胡彪省政協主席に本を贈呈した。著名な作家である石川好氏はその著書『湖南省と日本の交流素描』の中で、湖南省と日本の交流の歴史を紹介している。本書は村山富市前首相からの推薦をうけ、日本湖南人会により翻訳された日中二カ国語版が日本僑報社から出版された。石川好氏と段躍中氏は、11月30日と12月1日に湖南省委員会書記兼省全人大常務委員会主任の周強氏や湖南省政協胡彪主席と長沙でそれぞれ会見を行い、その様子が湖南日報と湖南テレビで大々的に報道された。また、鳩山由紀夫前首相にも湖南人会の理事が本書を贈呈し、お褒めの言葉を頂戴した。

 2.郭開朗湖南省副省長が訪日。来日した際に、日本湖南人会の一周年を記念する題字を揮毫した。5月21日夜には医療衛生の視察で来日した郭開朗副省長一行のため、日本湖南人会が東京で華僑医学者座談会を開催した。座談会の終了後、段躍中氏は日本湖南人会の一周年の活動を報告し、郭副省長はその成果を高く評価して「湖南文化を広め、中日交流を促進させていこう」との祝辞を述べた。郭開朗氏は湖南省から来日した本年度最高の指導者である。

 3.滋賀県の国松善次前知事が湖南省の推薦を受けて、中国人民対外友好協会主催の“人民友好貢献賞”を受賞した。授賞式は12月2日午前に滋賀県栗東市の友好都市、湖南省衡陽市で行われた。対外友好協会の井頓泉副会長が北京から駆けつけ、授賞式で祝辞を述べた。湖南省対外友好協会副会長パン力平氏が湖南省を代表して挨拶し、1982年以来の長年にわたる滋賀県と湖南省の交流推進への貢献を讃えた。

 4.湖南省と徳島県が9月4日友好提携に向けた「友好交流に関する意向書」に調印した。調印式の前に、湖南省全人大常務委員会副主任の肖雅瑜氏、副省長の郭開朗氏がそれぞれ藤田豊徳島県議会議長や里見光一郎副知事と会見した。経済、観光、環境、文化、医療、スポーツなどの分野で交流や協力を行い、文化スポーツ立県局国際交流戦略課と省人民政府外事僑務弁公室が交流の窓口となって事案の協議を行うことが定められた。

 5.河野洋平前衆院議長が会長を務める国際貿易促進会の一行が湖南省を訪問し、湖南省委員会書記の周強書記と会見を行った。周強氏は7月6日午後長沙にて河野洋平氏の率いる34名の代表団と会見し、一行の訪問を歓迎した。湖南省について紹介し、経済や社会の発展状況を説明した。河野氏は、「湖南省の社会や経済はすごい速さで発展しており、その中味もクオリティが高い。湖南省の日系企業の状況も良好である。協力を行うための素地がしっかりと固まったので、今後は経済分野での協力をより一層深め、双方の発展を促進していきたいと思う。」と述べた。本年度湖南省を訪れた最大の経済代表団である。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古