2011年5月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:10 May 26 2011

日本を感動させる温総理の魅力とは? 在日華人へのインタビュー

 温家宝総理が、東日本大震災で深刻な被害を受けた地域の避難所を慰問したことは日本国内でも高い関心が寄せられている。温総理に対する日本国民の評判は上々で、国内メディアもこぞって温総理の魅力について取り上げている。

 温総理が日本国民を感動させたものは何だろう?「新華僑報」が日本在住の華人・華僑50人に取材している。いずれも温家宝総理がこの度、大震災からわずか2カ月という「特殊な時期」に被災地を訪れ、住民に心温まる激励をし、勇気づける言葉を交わしたことは、中日関係の改善を促し、中日間の友好的な関係をより一層強固なものにしていく上で、非常に有効的なパフォーマンスであったと認識している。

 「親しみが持てる」「誠実そうな人柄」

 中国首相は親しみが持て、誠実そう、といった印象が日本国民にはあるようだ。中国語教室「同源中文学校」の楊林校長によると、中国の首相が、中国政府および国民の代表として避難所を慰問したのは、中日外交上、この度の温家宝総理が初めてのことである。特に避難所において、温総理が住民を勇気づけるために行なった親しみのある数々のパフォーマンスが居合わせた人々の心を魅了している。具体的に述べると、犠牲者らの冥福を祈るための献花を行ない、避難所では床に膝をつき一軒一軒に声を掛け、一人ひとりと握手し、生活用品を贈呈している。中でもパンダのヌイグルミを子ども達にプレゼントするなど細やかな心遣いが感じられた。

 避難所を慰問した温総理は、温和かつ真面目な表情で住民と会話し、激励している。その様子から、隣国で起きた大災害にいたく同情し、温かい支援の手を差し伸べようとしている姿勢がうかがえる。そうした姿勢は避難所の住民にも伝わるのであろう。温総理が避難所を出る際には、住民らが自主的に一斉に見送りに出、温総理訪問への感謝の意を示している。日本の議員が避難所を慰問した時でも、住民が見送りに出ることは無かった。市長クラスの人間でさえ避難所訪問をしていない者もいるというのに、遥か海の向こうから見舞いに来てくれた温総理の好意に、避難所の住民はいたく心を打たれたのである。

[1] [2] [3]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古