2011年8月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:23 Aug 08 2011

震災地の児童100人が海南島南山で幸せを祈る

 【新華社海口8月7日】中国の温家宝総理の招きで、「海南の明るい日差しが、温かい心を伝える」活動に参加した日本の震災地の児童100人が6日、三亜の南山仏教文化観光区を訪れて幸せを祈った。

 「南山で幸せを祈る」イベントは今回の海南旅行のクライマックス。この日、敬虔な幸せを祈る法会が三亜の南山寺経堂で行われた。南山寺の昌厚法師が僧侶や信徒を従えて子供たちを迎えるとともに、祈福式を執り行った。僧侶の読経の中で、子供たちは仏像を前に、両手を合わせて、故郷の人々の平安を祈った。

 岩手県の晴山海さんは、家族と自分のために祈り、家族の平安と幸福を祈りましたと話していた。

 日本修学旅行協会の川上一雄理事長は、帰国の前日、南山で代表団のために盛大な法会が開かれ、みんな非常に感謝していると語り、「地震はこれらの子供の家庭と心に大きな傷跡を残したが、きょうの南山での祈りでみんなの心が慰められるよう希望している」と述べた。

 歴史の記載によると、日本の仏教律宗の開祖、中国唐代の大和尚鑑真は仏法を広めるため、5度目の日本渡航が失敗して南山にたどり着き、ここに1年余り滞在した。そして仏殿を建て、人々に仏教を伝え、その後6回目でついに渡日に成功した。そのため南山は吉祥の地とされている。

 8月7日、これら100人の児童は海南での7日間の保養の旅を終えて、日本に帰る。

 (新華網日本語=中国通信社)2011年8月8日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古