2011年8月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:19 Aug 08 2011

中国共産党地方中堅幹部による日本訪問、成功裏に終了

共同通信社を訪問し説明を受ける訪日団のメンバー

 中国外文局陸彩栄副局長が率いる中国共産党地方中堅幹部訪日団は、日本の笹川平和財団の招きにより、2011年7月25日から8月1日までの日程で来日し、大きな成果を得て全日程を終了し帰国した。

 訪日期間には、訪日団は福田康夫元首相、黒岩祐治神奈川県知事、岩瀬洋一郎静岡県副知事、林文子横浜市長など日本の要人や日本財団の笹川陽平会長らと面会した。また、共同通信社、神奈川新聞社、テレビ神奈川、静岡新聞社など日本のメディアと幅広く踏み込んだ交流を行った。さらに、都市再開発のモデルケースである六本木ヒルズの参観や、3.11東日本大震災後の日本社会の情況と人々の感情の実地視察などを行い、日本への理解を深めた。

 訪問の日程中、訪日団の陸彩栄団長は日本側に今回の訪日の目的について説明する中で、中日友好の促進は両国有識者共同の目標であり、今回の中国共産党地方中堅幹部の訪日活動は、直接日本の政界、財界、マスコミ界や地方の人士に中国を紹介し、中日交流の舞台を打ち立て、日本の各界との関係を深め、両国関係の良好な相互性を促進するためだと述べた。同時に、日本の人々に対して、日本が地震災害を受け多くの人命と財産失ったことに対して中国政府と人民からの心からのお見舞いを伝え、今回の訪日を深く踏み込んだ理解の旅とし、友好と思いやりの訪日と位置づけた。陸団長はまた、訪日中に見た日本の人々の生活が基本的に落ち着いており、社会秩序が基本的に正常さを保っていることに深く安堵し、日本の人々が必ず困難に打ち勝ち、1日も早く放射能の脅威を打ち消し、美しいふるさとを復興することを信じていると述べた。

 日本の各地・各界からは、震災後の放射能の脅威が完全に解決されていない中での今回の訪日は、日本国民の震災復興に勇気と自信を与えるものと、熱烈な歓迎が示された。

[1] [2] [3]

陸彩栄訪日団団長(右)と日本財団の笹川陽平会長(左)
関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古