2011年8月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:04 Aug 16 2011

「靖国」監督・李纓:日本の「戦争後遺症」カメラで解読

資料写真

 中国では日本についてあまり知らない人でも、靖国神社は耳にしたことがある。だが我々は本当に理解しているだろうか?

 「日本人の優越感、独特な神国美学の集大成こそが靖国神社だ。それは“生と死をつなぐ”空間である。“国の神々”が呼吸する空間であり、“国民一人ひとり”と“国家共同体”が対話する空間でもある」--。映画監督の李纓氏は靖国神社をこのように解読する。この空間を探索するために、彼は10年かけてドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」を撮影した。

 この映画は日本、韓国、米国などで放映され、高い注目を集めた。特に日本では大きな波紋を招いた。

 右翼勢力が爆弾を投げ込むと脅してきたので、映画館の入り口ですべての観客に対してセキュリティチェックを行った。右翼の国会議員が映画の審査を求め、政治的圧力から放映を中止する映画館もあった。数々の妨害があり、「靖国」騒動を起こした。李監督は撮影当初、こうした映画がこれほど厄介だとは予想だにしていなかったという。にもかかわらず、この映画は日本のドキュメンタリー映画としては過去最高の興行成績を記録した。

 ◇南京占領の映像に拍手 直接的な刺激に

 この映画は靖国神社をテーマにした世界初の映画だ。監督は日本に22年間在住している中国人。

 1989年、中央電視台(CCTV)でドキュメンタリー制作の監督をしていた李氏は日本への留学を決意する。その頃の彼にとって日本は詩的で美しい国であり、日本を前向きに観察し、理解した。

 靖国神社を撮影しようという考えが浮かんだのは、南京大虐殺60周年を迎えた1997年だ。

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古